太らないコツ教えますSP~駆け込みドクター!まとめ(前半)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
71668713.jpg

10月12日に放送された
駆け込みドクター!の内容がとても興味深かったのでまとめておきますね。
(録画したものを見直しメモをとって自分の文章にして記事にしています)
※出演されていたドクターの著書もご紹介しています。

まずは基礎代謝について
太らない身体になるためのカギは、何とっても基礎代謝を上げること。
朝食をきちんと食べると身体が目覚め、
それに半身浴や軽いストレッチを加えるともっと良いとのこと。
もし過度の食事制限をしてしまうと
体が飢餓状態に備えエネルギー消費を抑えようとする=代謝が下がるということです。

【Amazonはこちら】

コミックエッセイ なぜこれでキレイになれるの?

新品価格
¥1,188から
(2014/10/27 14:55時点)


【楽天はこちら】

やせにくくなった人の伊達式食べやせダイエット [ 伊達友美 ]

価格:822円
(2014/10/27 14:57時点)
感想(29件)

体内時計をコントロールして肥満を防ごう!
朝に目覚め、夜になると眠くなるのは
体内にある時計遺伝子というもののが働いているから。
なんと60兆個以上もあるんですって。
朝日を浴びると脳が目覚め、朝食をとると内臓が目覚める。
消化に関わる胃・膵臓・肝臓などは夜に活動を停止してしまうので
夜食事をすると脂肪をためこむことになってしまいます。
体内時計を調節するたんぱく質は BMAL1というそうです。
このBMAL1は体内に脂肪をためこむ働きをするのだそうです。
でも、時間帯によってBMAL1の量は変わるそうで
BMAL1の少ない時間帯は脂肪がたまりにくい←午後3時頃
BMAL1の多い時間帯は脂肪がたまりやすい←午後10時~深夜2時がピーク
その量は約20倍も違って
『夜中に食べるケーキは
三時のおやつに食べるケーキの20倍の脂肪をためこんでしまう』という
おそろしい理論となります。
つまり、BMAL1の少ない時間帯にしっかり食事をしましょうというお話しでした。

【Amazonはこちら】

医師が本当に実践しているツッコミ健康法

新品価格
¥1,404から
(2014/10/27 14:59時点)


【楽天はこちら】

【後払いOK】【2500円以上送料無料】人間ドックにだまされるな!/大竹真一郎

価格:1,188円
(2014/10/27 15:00時点)
感想(0件)

ゆる断食と言われている8時間ダイエット

アメリカ国立衛生研究所とソーク研究所の実験をもとに
考えられたダイエットです。
一日のうち、8時間に3食を食べる。食べるものや量に制限はなし
このダイエット方のポイントは食事をしない16時間。
空腹状態になった時、血液中のブドウ糖血糖が下がり脂肪を燃焼しやすくなる。
食べない時間に脂肪を消費できる分、8時間は好きなだけ食べて良いという理論です。

実際に自分がやるとしたらどの時間帯がいいのでしょうね?
お昼の12時~夜の8時かな?
朝を抜いてしまうことになるけど
このダイエットの注意点は、
水分補給をしっかりすること、なるべく一日三食とることだから
どうにかお昼までは水分でもたす?
番組の中で挑戦した人は、1週間で2キロ以上の体重が減っていたけど、
ちょっと我慢も必要だったみたい。
はじめの二週間は夜のお誘いを断ることが難しかったみたいです。
ちょっと分かる気も、、、

【Amazonはこちら】

8時間ダイエット

新品価格
¥1,620から
(2014/10/27 16:46時点)


【楽天はこちら】

8時間ダイエット

価格:1,620円
(2014/10/27 16:48時点)
感想(0件)

8時間の間に何を食べていいのだけど、
やはり栄養素が偏らないように気をつけた方が良いですよね。
番組でおススメしていた食材は
ナッツ類・豆類・ベリー・乳製品です。
特にヨーグルトは栄養バランスを補ってくれるし、便秘改善になります。

ゆるい断食ともとれるダイエット法なので
週3日程度から無理のないように始めると良いのではというお話しでした。

【Amazonはこちら】

ダイエットはオーダーメイドしなさい!

新品価格
¥1,404から
(2014/10/27 16:54時点)


【楽天はこちら】

ねぎを首に巻くと風邪が治るか? [ 森田豊(医師) ]

価格:820円
(2014/10/27 16:56時点)
感想(3件)

はい~ここまでが番組の前半です。
後半の記事もお楽しみに~♪

後半の記事はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す

*