研究室から誕生したナールスピュアとナールスユニバの魅力とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
CIMG8548_e

CIMG8548_e

ナールスゲンについてお勉強しました

一つ前の記事で書きましたが、ディープインパクトさまのセミナーに参加するチャンスを頂きました。
そこでは、京都大学と大阪市立とのコラボレーションで開発された
ナールスゲンについてお勉強しました。
肌が本来持っている力を引き出す、画期的なエイジングケア成分です。

皮膚線維芽細胞のコラーゲンの生成などを促進させる仕組みで
コラーゲン→2~3倍
エラスチン→約1.5倍
ヒートショックプロテイン→約1.3倍に増やすと言う研究結果が出ています。
お肌の潤いをいかに保つのかアンチエイジングの課題でもあります。
乾燥しちゃうと細胞が縮まってしまって、一気に老け顔になりますよ。
お肌のアンチエイジングを第一に考えるあらふぃふ世代にとっては、
このナールスゲンは有難い美容成分なのです。

ナールスピュアとは一年以上のお付き合いです

CIMG8550_e
去年の冬からご縁のあったナールスピュアですが
何の知識もないままに使い始めました。
テクスチャは水みたいですし、特徴のある香りだとか、、、ない。
それでも、いつも摂取している美容成分は摂らずにナールスピュアだけを使い続けました。
それだけ~です。
すると二週間もしないうちに、お肌が内側から潤っているのが分かって、
驚いたのを覚えています。
お肌が潤うと、いつも頬っぺたを触りたくなっちゃいますよね♪
それから、『もっとナールスピュアのことを知りたい』と
セミナーなどに参加させて頂くことになりました。
すると、ナールスゲンは光老化抑制の役割もあるし、
ビタミンCとの相乗効果が非常にあることがわかりました。
もちろんナールスピュアにはビタミンC入ってます。
今まで、水みたいなテクスチャなのにお肌まで届いているのは何故だと思っていたら
主成分であるナールスゲンはとても小さな分子量であることも知りました。
通常のコラーゲンの大きさ→10万~30万
低分子コラーゲン→500~100
ナールスゲン→331.26
これが浸透の秘密だったんですね。
そして私が一番勘違いしていたのは、ナールスピュアは化粧水やブースターではないということです。
このナールスゲンの成分を有効に使って欲しい。
いつものお手入れにプラスする素肌サプリメントとして使うのが理想じゃないでしょうか。
つまり、今までのお気に入りのスキンケアをブランドチェンジせず、追加するだけなので経済的です。
一日100円程度ナールスピュアのお値段と使える期間から算出)で
肌が本来持っている力を引き出してくれるのですから。

冬はナールスユニバと過ごしました

CIMG8552_e
去年の秋に発売されたナールス ユニバ
一歩先を行ったクリームです。
もちろんナールスゲンは使われていますし、
育む・攻める・守るエイジングケアをコンセプトとしています。
クリーム状ですから、冬にはとても重宝しましたよ。
表皮を守ってくれているのが実感できました。
あらふぃふはもともとお肌のお悩みが少ない方なので、冬に良さを実感したのですが
乾燥肌に近い方は、今からの季節でも重宝すると思います。
春になってからも、私も夜のお手入れはナールス ユニバ に頼ってます。
ちょっと小さく感じるパッケージです。
内容量は30gですが、少量ですごく伸びるクリームなので2か月もつのだそうです(あらふぃふはそれ以上もちました)
そしてべたつかない
それは、ジェル技術+天然シアバターを使った技術によるものだそう。
酵母から作った天然型のセラミド(非天然型セラミドの3.5倍の保湿力)が配合されているのも
大きな特徴です。
CIMG8564_e

嬉しいお知らせ

~その1~
この4月にナールスクラブが発足しました。
ご購入に対してのポイント制度や誕生日の特典などがあります。
それ以上に興味があるのがセミナーに参加できることです。
去年の暮れには『日焼けとその対策』に関するセミナー、
先月末には『自分に似合う色』についてのセミナーを受講させて頂きました。
製品のアナウンスだけでなく、私たちの興味のあることを教えてくださり
女性としてとても嬉しい企画です。
ナールスクラブへの入会は無料なので、あらふぃふもさっそく手続きしましたよ。
~その2~
また新製品のご案内があるみたいです。
いま注目のプリテオグリカンとダイダリンAが配合されるのだとか。
この先も研究室から誕生するスキンケアから目が離せませんよね。


AD



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す

*