シャレコの水おしろいを使ってみると、肌も気持ちも軽くなったっていうお話し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
IMG_6963_e

IMG_6961_e
すっかり私をざわつかせているシャレコスキンケアなんですけど、使い始めて3か月近く経ちました。
>>>『2016年上半期~私をざわつかせたのはシャレコスキンケア
結果から言いますね。
ファンデーションのカバー力なんて必要なくなったよ。

ずっと悩んでいたこと

長年ずぼらなスキンケアをしてきたので、頬の赤み(シミ予備軍?)がずっと悩みの種でした。どうにか隠したいと、コンシーラーを使ったこともあります。10年くらい前にカバー力抜群のパウダーファンデーションを見つけたので、ずっと使っています(今も)私のメイクは”完全防備”という感じで通してきました。薄付きのナチュラルメイクをしている人を見ると、ずっと羨ましかったけどね。
シャレコスキンケア
シャレコスキンケアの会社を訪問して、丁寧な洗顔の方法とインナードライを防ぐ方法を聞いて、スキンケアに対する考え方が変わりました。今までは”どうにか外から美容成分を取り入れたい”と思っていたし、頼りきっていたんじゃないかな。
IMG_6558_e
見るからに派手さのないローションとクリームの組み合わせ。お手入れもこの2ステップだけ。でも、ひたすら続けていたら肌が柔らかくなったのには驚いた。そして、悩みの種だった頬のシミの予備軍がこんな感じに(素肌です)自分では薄くなったと喜んでいます。
DSC_7347_e

初めて水おしろいに挑戦

IMG_6967_e
今まではファンデーションにカバー力だけを求めていたけど、もうカバーすることを考えなくてもいいんじゃない?って思えるようになりました。正しい洗顔の方法を習った時にも、いかに肌に負担をかけないかというお話しを伺ったので。水で落ちる”ウォーターベースファンデーション”は、もちろん肌に負担をかけません。
以前、シャレ子先生に『水おしろいのカバー力ってどれくらいなんですか?』と聞いた時に、『カバーはしませんよ』とハッキリ言われて、その時には脱力してしまったのですが、今さらながらその意味がわかります。隠すことばかり考えていては、美肌に進めないのだ、、、よね?
※ちなみに、カバー力があるのにナチュラルで汗にも強いファンデーションという”クリーミーファンデーション”という商品もあるのだそうですが、今回は敢えて水おしろいに挑戦です。

使い方

ここからは三脚を立ててガチンコで撮影しました。
ボトルを振ります。この水おしろいの水の部分でさえアミノ酸なんです。
DSC_7949_e
手に広げて、サッサと伸ばします(時間をかけすぎると固まってムラになりやすくなるので)
DSC_7951_e
DSC_7953_e
伸びやすい。そして、正直言っちゃうとパウダーファンデーションよりは扱いづらいかな?手に広げたら、両手で顔を包み込むように押し当てます。両頬→額とあごという手順で”手当て”をするように優しく。この時点で、ちょっとムラが出てしまうこともあるけど、次の作業をします。
DSC_7954_e
今度は、少量を手のひらに乗せて指先にとります。そして、気になるところにトントンと細かく置いていきます。私の場合は、頬の気になる部分とあごの付近にシミがあるのでカバーする感じで。この作業も満足度70%くらいで充分だと思う。
最後にもう一度、手のひらに伸ばして包み込む。仕上げですね。今度は鏡をしっかり見てムラをなくします。
仕上げはプレストパウダーです。
IMG_20160528_100154_e
水ファンデーションとパウダーだけで~この仕上がり。自分では満足している。今までの”完全防備”の顔とは違って、これが私自身なんだ~と心も軽くなった。油分がないので肌も軽い。
これだけで1日中大丈夫なの?ちょっと頼りないな~と思っていたけど、時間が経って油が浮いてくることがないので、化粧崩れがないんです。
ホント、シャレコスキンケアの商品には驚かされるわ。

そんな私ですが、長時間お出かけする時や”完全防備”の顔が必要な時にはパウダーファンデーションを使っていますよ。でもね~油とりが必要で、時々メイクの上からの水分補給が必要で、肌が重くて、ちゃんと汚れをとろうと思ったらクレンジングも大変、、、改めてそんなことに気が付いてしまった。
IMG_6963_e
”ウォーターベースファンデーション(水おしろい)”販売価格 3,024円(税込)
これから来るかも?いや、私がこの感動を広めますよ~♪

[php name=photogallery]
[php name=news]
AD



SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す

*