2016年上半期~私をざわつかせたのはシャレコスキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
IMG_6422_e

IMG_6422_e
も~久しぶりの更新で、、、スミマセン。
実を言うと、コスメレビューのブロガーというのに、同じトコロでぐるぐるしておりまして、次々のレビューができなくてスミマセン状態です。
今年も6月に突入してしまいましたが、”2016年上半期”のレビューをざっくり書いてみようと思います。
シャレコスキンケア トライアルセット【送料無料】

私をざわつかせたシャレコスキンケア

御社のお名前は知っていたつもり。
「悩んでいる敏感肌の人のためのスキンケアなんでしょ?」という認識。
だけど、3月にブロガーイベントとして御社を訪問して、社長(シャレ子先生)とお話しして、自分のスキンケアに関する考えが変わってしまったの。
敏感肌?そんなん関係ないじゃん。
誰でも、自分のお肌のことを”優しくいたわること”とっても大事なのよ。
そう言えば、自分は敏感な肌ではないけれど、加齢に伴う(と思っていた)トラブルはいくつかあったよ。
肌のくすみ・ハリのなさ、これからはほうれい線やゴルゴ線が怖い。
それらの”全ての肌トラブルインナードライから”だと教えて頂きました。
シャレ子先生が私と同い年ということもあり、ひどく共感してしまったのでした。
シャレ子先生のお話しのみならず、いまいちど自宅にてゆっくり読んで納得した
『7倍キレイになれる美肌の法則』読本、無料で資料請求出来ます。
o0800045013603070180_e
7倍キレイになれる美肌の法則【シャレコスキンケアブック】

この化粧水が?

IMG_6410_e
ご紹介して頂いたシャレコのローション(化粧水)3,564円(税込)なんですけど、
初めまして~の印象は、肌に入り込む気配は全く!ありません。
それでも、シャレ子先生に教えて頂いた通りに、ハンドプッシュで送り込む。
はじめは8回くらい、地道に行っておりました。それが、今では3回くらいで入り込む手ごたえあり!
シャレコスキンケアの容器には”キレイスケール”という目盛りがありまして、1回で使う目安がはっきりしています。3回で入り込む肌になったけど、ちゃんと目盛り通りの量を使ってますよ。
IMG_6413_e
コスメをレビューする立場としては”あっという間に○○でした”っていう商品の記事が書きやすいんですけど、何と言ってもシャレコスキンケアの商品はミラクルなことは無いんです。
で、2本目のローションを使っている私ですが、気に入っているよね。肌も柔らかくなってシミも薄くなったし、、、ってミラクル???

クリームの感想ときたら

IMG_6553_e
結果、一番ハマったのはクリームかも?
シャレコスキンケアのお手入れの手順はすごくシンプル。
ローションとクリームだけです(スペシャルケアはあるみたいですけど)
ローションの後に、このクリームを手に広げて優しく包むようにお肌に広げていきます。すると、知らないうちになじむんですよね。
注意~和漢のエキス?独特な香りがします。
IMG_6561_e
全くべとつかないのが息子もお気に入り。
、、、と言うのは、ニキビがひどい息子の味方になってくれているシャレコクリームなのです。
”ベタベタしないからいいね~”
”コレ、不摂生した後のニキビが一晩で治るんだよね”って、どんだけシャレコファン?
泊りの時も、クリームだけは忘れずに持って行く息子です。
根本的にニキビを治すには、まだ時間がかかると思いますが、正しい洗顔とお手入れが身に付くと良いと思っています。
私?疲れた時に出来るヘルペス、、、むくむく出るな?と感じたらクリーム。症状を収めてくれます。和漢のエキスのおかげ?

まだまだ手放せないこのコンビ

IMG_6558_e
シャレコスキンケアのラインナップは、全てを揃える必要はないと知っていても、
他製品のローションとクリームだけだと、潤いが足りない。
そうなんだ~あのローションって、肌の中に確実に水分を送り込んでくれるものだったんだ~と実感(どちらかというと反省)します。
シャレ子先生いわく、ローションはお肌に入り込む成分よりお肌の中に水分を貯めこむ成分にしているそうな。
そういう正直なコンセプトだから、わかるような~わからないような~私をざわつかせます。
他のスキンケアも含め2か月くらいのお付き合いなんですけど、納得できる答えを出したのも本当です。ちょっと、じらしちゃいますけど最後に『水ファンデーション』のことを書きます。それまでしばらくお待ちください。

[php name=photogallery]
[php name=news]
AD



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメント

コメントを残す

*